J-STEMCELL 会社概要 技術紹介 幹細胞の保管 ニュース お問い合わせ

幹細胞の保管

自分の幹細胞を若く健康な時に保管し、将来の細胞損傷疾患に備えましょう

なぜ一歳でも若い時に保管する必要があるのか?

若い時の幹細胞は、高齢者の細胞より量も多く、幹細胞としての活動も活発です。
しかし、幹細胞における良し悪しの基準は有効性の程度や培養の程度の問題です。つまり、 高齢者の幹細胞は数が少なく培養が難しいかもしれませんが、幹細胞の効果自体が全くないという事ではありません。ベテスダクリニックと技術提携関係を結んでいるRNL BIOは、どんなに少量の幹細胞でも多量を確保することができる標準化されたプロセスを確立しています。
疾患発生時に多くの効果を得ることができるかどうかは、いかに早く幹細胞を適用するか否かの問題にかかっています。
必要に応じて出来るだけ早い時期に適量の幹細胞を培養し適用しなければならないのですが、培養の期間が長いほど適切な時期を逃すことになるため、幹細胞は事前に保管する必要があります。

幹細胞保管の順序
  1. 脂肪及び血液採取
  2. 脂肪組織
  3. 冷蔵運送
  4. マイコプラズマ検査実施 - 血液検査、肝機能検査、無菌検査
  5. 組織から幹細胞単離
  6. 酵素処理後幹細胞単離
  7. 幹細胞培養
  8. 顕微鏡観察
  9. 細胞培養(培養液の交換及び培養様子観察
  10. 保管及び投与前 - エンドトキシン、無菌検査、性状、外来性ウィルス検査、確認及び純度試験(FACS)、分化試験
  11. バイアルに装填
  12. 液体窒素タンクに保管